JR東労組から抜けるだけで賃上げになるのですから 組合員はどんどん離脱したほうがいいでしょう。

  • ホーム
  • »
  • »
  • [PR 広告]
  • »
  • JR東労組から抜けるだけで賃上げになるのですから 組合員はどんどん離脱したほうがいいでしょう。
  • ホーム
  • »
  • »
  • newtown
  • »
  • JR東労組から抜けるだけで賃上げになるのですから 組合員はどんどん離脱したほうがいいでしょう。

この広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。広告を消すには新しい記事を投稿して下さい。
 カテゴリ
 タグ

JR東労組から抜けるだけで賃上げになるのですから 組合員はどんどん離脱したほうがいいでしょう。

  •  投稿日:2018-5-28
  •  カテゴリ:newtown

【JR東労組の脱退者3万2千人に増加か スト予告で組合員反発、事態収拾図るも7割減少】
 今春闘でストライキ権行使を一時予告したJR東日本の最大労働組合「東日本旅客鉄道労働組合(JR東労組)」の組合員数について、5月1日までの3カ月間に約3万2千人が脱退したとみられることが24日、同社への取材で分かった。JR東労組はトップへの制裁を決定して事態の収拾を図ったが、4月1日時点の推定脱退者数約2万9千人から、さらに増加した。

 会社側は組合費を給料から控除する手続きの届け出数によって組合員数の概数を把握している。同社によると、5月1日時点の届け出数は約1万5千人で、スト予告前の約4万7千人(2月1日時点)から約7割減少した。

 JR関係者によると、同労組の推定加入率は昨年10月時点で約80%だったが、5月1日時点で約25%まで低下した計算となる。

 こうした脱退の動きを受けて、JR東労組は4月12日に臨時大会を開催。関係者によると、執行委員長ら計14人に対する制裁を決定したという。

 6月13日には定期大会を開いて新執行部を選出し、態勢立て直しを図るとみられる。

 JR東労組は今年2月、組合員の一律定額のベースアップなどを要求し、会社側へスト権行使を予告。5日後に解除したが、会社側は「(信頼の)基盤が失われた」として、労使協調を掲げた「労使共同宣言」の失効を通知していた。

 産経新聞の取材に対し、JR東労組は「広報担当者が不在のため、答えられない」としている。
(2018/5/25 産経新聞)



革マル派労組として知られるJR東労組から
すごい勢いで組合員が減っている件ですが、
今までなら組合を抜けようとしたら呼び出されて延々と難癖つけられたりと
嫌がらせをされるので組合脱退を言い出せない状況だったものが、
今回の機会を逃すなと組合離脱が進んでいるようです。

JR東労組は今まで献金等支援をしてきた国会議員などに
この状況を止める為に協力を依頼していますが、
枝野幸男らは無視しているようです。

組合員のために活動してきたなんてことはほとんどない上に
月5000円とか8000円とか天引きしていたのですから
JR東労組から抜けるだけで賃上げになるのですから
組合員はどんどん離脱したほうがいいでしょう。

労組貴族としてストもしないくせにストのための積み立てまで
組合費に上乗せして美味しい生活を維持してきた幹部達は
自分達が組織を食いつぶした事を反省するべきですが、
そういう人達は自分達に責任があることすら理解できる能力がないのですよね。

日本の労組ってのは極左組織に乗っ取られているものが少なくない上に、
組合費の天引きということで楽して金がたまっていくので
労働貴族どもが楽をして遊び歩くことだけにかまけた結果、
組織そのものが相手にされなくなっていくというパターンになっていると思います。

右派を標榜する旧同盟系の労組に至っては
連合という美味しい労働貴族生活がやめられないので
実質的に反日極左に仕切られている連合を抜ける決断をしないでいます。

そして実質的に連合を仕切っている反日極左系のいわゆる総評系からは
「下駄の雪」扱いをされています。

旧同盟系は組合員の選挙時の離反も起きているのですが、
労働貴族というろくに働かないで美味しい生活を続けて来た幹部どもは
自分の間は労働貴族生活を続けるだけ続けて
宿題を次の人に押しつけるというつもりなのでしょう。

どうしてもなんとかしなければならない状況になってから
慌てて動く形になったら手遅れ以外のなにものでもないのですけどね。
 カテゴリ
 タグ

関連記事

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

Copyright © フレッシュニュース ピックアップ速報ねばねば All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

[PR]
 X 閉じる
MORK