「いちゃもん」だの「真実を覆すことはできない」だの言い出したのは むしろ図星を突かれた時の嘘つきの反応そのもの

  • ホーム
  • »
  • »
  • [PR 広告]
  • »
  • 「いちゃもん」だの「真実を覆すことはできない」だの言い出したのは むしろ図星を突かれた時の嘘つきの反応そのもの
  • ホーム
  • »
  • »
  • newtown
  • »
  • 「いちゃもん」だの「真実を覆すことはできない」だの言い出したのは むしろ図星を突かれた時の嘘つきの反応そのもの
 カテゴリ
 タグ

「いちゃもん」だの「真実を覆すことはできない」だの言い出したのは むしろ図星を突かれた時の嘘つきの反応そのもの

  •  投稿日:2018-5-28
  •  カテゴリ:newtown
野党共同調査チームなどといって
ほぼ毎日官僚を呼びつけ、
官僚に無理難題を押しつけ、官僚を怒鳴りつけ、
とくに山井和則は「土日も働いて月曜朝に資料を出せ!」
とほぼ必ず無茶苦茶な命令を怒鳴りながら行います。

官僚側が反論しないのをいいことにイジメを続けて楽しくなっている。

これが反日野党が共同で行っている「野党共同ヒアリング」です。

国会で堂々とイジメを続けていて、
しかもマスゴミもこれを擁護し続けている状態です。

働き方改革に対して「過労死がー」と自民批判をしている野党ですが、
官僚については過労死してよいというスタンスが露骨です。


さて、中村時広知事はあの胡散臭すぎる「メモ」と言い張る怪文書について
強調する為にフォントを変えるのは当たり前のことだとして
捏造では無いと言い張っています。

すでにメモに記載されている
「3/4に今治市長と加計学園側が面会していた」
という部分は今治市長が面会していない事がはっきりしており、
まずこの時点でメモの内容が間違っている事がわかっています。

中村時広知事は「真実を覆すことはできない」と言い張っていますけどね。

また、愛媛県庁に電凸した方が
「どのようにフォントを変えているのか確認したいので、実際に変えてある書類を教えてください」
と愛媛県側に質問したところ
「今すぐはちょっとどれかわからないですね」
と回答されたとのこと。

フォント中村こと、中村知事は
愛媛県では強調するためにフォントを変えるのは当たり前
と言っていましたが、
フォント中村の言うような事例の書類が
愛媛県としてはすぐに用意できないということのようです。

中村時広は産廃処分業者との癒着問題で
県議会からも追及される側ですし、
彼が知事になった2010年の頃とちがって
県内の自民党勢力だって安倍支持側が主流です。

安倍が失脚すれば県議会内での勢力図だって
再び自分がやりやすい状態に戻せるでしょうし、
国政に於いても愛媛県内の勢力でずっと対立してきた安倍支持派の塩崎恭久などに対して、
盟友の村上誠一郎などが再びデカイ面をやりやすくなるのですから、
中村時広知事としては今回の事で
県内での自勢力拡大、不祥事を誤魔化して逃げ切るという事の為にも
お得意の「怪文書」を使って安倍攻撃をしていると見るべきでしょう。

最初に「後は国会で議論してください」と
責任を完全放棄して逃げたくせに、
捏造疑惑が指摘された途端に顔を真っ赤にして
「いちゃもん」だの「真実を覆すことはできない」だの言い出したのは
むしろ図星を突かれた時の嘘つきの反応そのものです。

ブログ主としては中村が知事である間は
愛媛県からの陳情は全て門前払いしていいと思います。

中村時広にとって悪用できると思われたら
言ってもいない事を言った事にされたり
勝手なメモを作ってマスゴミにばらまかれたりして
霞ヶ関側の責任者が犯人に仕立て上げられかねないのですから。
 カテゴリ
 タグ

関連記事

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

Copyright © フレッシュニュース ピックアップ速報ねばねば All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

[PR]
 X 閉じる
MORK