岡田克也は民主党政権最初の外務大臣として以下のことを実行しました。

  • ホーム
  • »
  • »
  • [PR 広告]
  • »
  • 岡田克也は民主党政権最初の外務大臣として以下のことを実行しました。
  • ホーム
  • »
  • »
  • newtown
  • »
  • 岡田克也は民主党政権最初の外務大臣として以下のことを実行しました。
 カテゴリ
 タグ

岡田克也は民主党政権最初の外務大臣として以下のことを実行しました。

  •  投稿日:2017-9-10
  •  カテゴリ:newtown
岡田克也なんかはちょっとまともなことを言っているように見せて
ただ北朝鮮を守りたい立場からの発言となっています。

岡田克也公式ブログから

【北朝鮮の核─強力な制裁で北朝鮮を話し合いのテーブルに着かせる努力を】
北朝鮮が6回目の核実験を行いました。先般の我が国上空を通過した弾道ミサイルの発射とあいまって、非常に深刻な事態になったと思います。

特に核実験については、北朝鮮の映像を見ると、小型化を含めて、かなり核技術の進展が見られ、2~3年は大陸間弾道ミサイルに小型化した核を積むことはできないだろうと言われていたのが、1年程度の猶予期間しかないのではないかと言われています。

大陸間弾道ミサイルに核を載せて、アメリカ大陸まで届くようになる。これがアメリカにとってレッドラインだとすれば、それまでの間に、北朝鮮を核兵器の凍結、断念の話し合いテーブルに着かせなければなりません。時間はなく、事態は極めて深刻だと思います。

先の国連安保理の制裁は、従来と比べると一歩前進と評価できると思いますが、しかし、これだけの事態の切迫を見れば、やはり原油を止めるという次のステップまで行かないと、到底、北朝鮮が話し合いに応じることはないと思います。

もちろん、制裁は、制裁のための制裁ではなく、意味のある話し合いを行うための制裁です。原油を直ちにすべてストップするということに、様々なリスクがあるとすれば、段階的に北朝鮮への原油の輸出を減らしていく。まずは、50%減らすとか、1か月止めるとか、いろいろやり方はあると思います。

中国やロシアも含めて、歩調を合わせられるように、ここは、日本外交が問われている、そういう事態だと思います。

武力行使ということになれば、韓国や日本に大きな影響が及ぶことが極めて高くなります。「あらゆる選択肢がある」と言うトランプ大統領に対して、それを「高く評価する」と言った日本政府、安倍総理の発言は不用意なものです。今重要なことは、強力な制裁を行うことによって、北朝鮮を話し合いのテーブルに着かせることです。

日韓が協力して、アメリカ政府に働きかけ、日米韓で、中国とロシアに歩調を合わせるよう求めていく、日本政府にしっかりとした外交努力を求めたいと思います。
(2017/9/6 岡田克也公式ブログより)



ツッコミ所しかないです。

岡田克也は民主党政権最初の外務大臣として以下のことを実行しました。


・中共が日中協定を破ってガス田を再開発している事を
国民に知られないように外務省に情報非公開を通達。
協定監視のため定期的に自衛隊機が撮影している写真を国会議員にも非公開にした。

・韓国が竹島により多くの兵を常駐させるために施設建設を開始した事を
国民に知られないように外務省に情報非公開を通達。

・証拠となる文書等が一切ないのにも関わらず、
日米の密約を暴くと言って調査開始。
状況から必ず日米が悪い密約を結んでいたはずだからと日米密約は存在したと認定して公表。
(当然ながら米国側にはなんの根回しもしていない)

・特定アジアの日本に対する暴挙に対して全く抗議しなかった。
また、国会でこの事を追及されると武正公一副大臣とともに
「累次に渡り抗議している」と虚偽答弁を徹底的に繰り返した。
(答弁が虚偽であったことは鈴木宗男外務委員長(当時)が確認している)


いろいろと岡田克也はやらかしていますがそれはまた別の機会に。


ちなみに岡田克也の行った情報隠蔽に対して、
自民党の新藤義孝議員が機転を利かせて
それじゃ自衛隊機に一緒に乗って自分で撮影した写真なら問題無いだろうと
自ら撮影してきてガス田開発の状況を国会で暴露。

また、竹島の施設建設については韓国内の新聞では報じられている事実であるため
こちらも同様に追及しました。

ちなみにこれらのことについて日本のマスゴミは報じませんでした。
新藤議員が国会で追及してからアリバイ作りに報じた社があるくらいです。
マスゴミの報道しない自由による偏向報道は昔から変わっていません。
(最近はさらに悪化していますが)


特定アジアに対して抗議すらまともにやらなかったのが民進党(偽)なのです。

それを偉そうに書いている時点でさすがは岡田克也と言ったところでしょう。

そしてポイントは目的が
「多国間交渉に引きずり込め」
と言っているところです。

これはかつての六カ国協議もそうでしたが、
確実に北朝鮮の側に立つのが中露なので
過半数は必ず北に都合の悪い話に反対します。
話合いが決着しないように作られたシステムです。


言葉や言い方を変えているだけで「対話に持っていけ」と言っているだけです。

日本の安全保障の為に必要なのは対話ではなく北の武装放棄です。

偉そうな物言いを変えずにきっちりと
「北朝鮮様を守る為の提言」
でしかありません。
 カテゴリ
 タグ

関連記事

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

Copyright © フレッシュニュース ピックアップ速報ねばねば All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

[PR]
 X 閉じる
MORK