参議院の外交防衛委員会はなぜ所属しているアントニオ猪木の訪朝を 禁じることができなかったのでしょうか?

  • ホーム
  • »
  • »
  • [PR 広告]
  • »
  • 参議院の外交防衛委員会はなぜ所属しているアントニオ猪木の訪朝を 禁じることができなかったのでしょうか?
  • ホーム
  • »
  • »
  • newtown
  • »
  • 参議院の外交防衛委員会はなぜ所属しているアントニオ猪木の訪朝を 禁じることができなかったのでしょうか?

この広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。広告を消すには新しい記事を投稿して下さい。
 カテゴリ
 タグ

参議院の外交防衛委員会はなぜ所属しているアントニオ猪木の訪朝を 禁じることができなかったのでしょうか?

  •  投稿日:2017-9-10
  •  カテゴリ:newtown
アントニオ猪木は武貞秀士とともに北朝鮮を訪問中です。

武貞は北朝鮮の宣伝マンなので別に驚く事などありませんが、
現在の北朝鮮と日本の状況は控えめに見ても「準戦時下」です。

憲法9条などという悪法の無い普通の国であったらば
間違いなく北朝鮮がミサイルを飛ばし核で威嚇している時点で
戦争を仕掛けられているとみなしているでしょう。


アントニオ猪木としてはこういうときに北に顔を売ることで金が手に入るでしょうから、
どうせその程度のところだろうとは思いますが、
参議院の外交防衛委員会はなぜ所属しているアントニオ猪木の訪朝を
禁じることができなかったのでしょうか?
まぁ、自分で回答を付けるとすれば
参議院外交防衛委員会の野党側メンバーが以下。

大野元裕(理事)
小西洋之
陳哲郎
藤田幸久
井上哲士
浅田均
アントニオ猪木
伊波洋一


メンバーに関係無く北朝鮮を守るのが最優先なのが
民進党(偽)と共産党です。

一方で自民党は慣例墨守主義なので何事にも全会一致を必要とします。

野党側がアントニオ猪木の訪朝を阻止する事に賛同するとは思えませんから
仕方ないのだろうというのがブログ主の考えではありますが、

国会議員として一般人よりも多くの霞ヶ関内の情報を開示させることができます。

そもそも二元外交や情報漏洩の恐れがあるのですし、
北朝鮮とは準戦時下となっている現状に於いては
なおのこと北朝鮮へ行く事を止めるのが国会の採るべき判断だったと思います。

このあたりに自民党の平和ボケがよく現れていると思います。

どうせ銭ゲバ猪木なので金に釣られてるんでしょうけど、
あからさまに疑われる行動だろうと知ったこっちゃないって事なんでしょう。
本当に存在そのものが迷惑です。


この2ヶ月ほど、北朝鮮は瀬戸際外交で日本に対する脅しを加速させてきました。
そして核ミサイルで日本を攻撃するぞとまで脅しています。

こういう状況であるのにも関わらず、
民進党(偽)はというと政治的にはなんの仕事もしていません。

閉会中審査で国会を開かせて仕事をしているフリをしようとしましたが、
いつもどおり不勉強なまま難癖を付けるだけで
結局は国会を開かせる事で人的リソースを国会の無駄な時間つぶしに引っ張って
国政運営の邪魔をしただけです。

元々、旧社会党の頃から北朝鮮とはべったりの関係でしたから
(社会党と朝鮮労働党は友党関係を結んでいて、社民党はこれを継承しています)

我が国日本が核攻撃の脅しに晒されているというのに
野党第一党の民進党(偽)は北朝鮮への制裁を強化しろとかそういう話以前に、
党代表選での政策討論ですら「北朝鮮のきの字も出なかった」のが事実です。

現状で北朝鮮の名前を出せば必ず北朝鮮にとって都合の悪い話をしなければならないので
徹底的に避けているわけです。

 カテゴリ
 タグ

関連記事

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

Copyright © フレッシュニュース ピックアップ速報ねばねば All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

[PR]
 X 閉じる
MORK